女性がもっと元気になる為に

女性の健康つまりウーマンのヘルスケア的なことについて

MENU

生理前に便秘や下痢になるのはなぜ?

生理の前後に便秘や下痢になるという人は少なくありません。「生理前後はどうもお腹の具合がすっきりしない」と思っているかもしれませんが、正確には生理前に便秘になって、生理中は下痢になることを繰り返しているということはないでしょうか。

 

これも、体内で分泌されるホルモンの影響です。生理の前後は、ホルモンバランスが大きく変動するために、体のあちこちに影響が出てしまいます。たとえば、生理が始まる前に多く分泌されているのは、プロゲステロンというホルモンです。このホルモンの役割は子宮の収縮を抑えること。子宮内は生理が始まるまで受精卵が着床する可能性のあるベットになるのですから、何らかの刺激で子宮が収縮してしまってはこまります。そこで、体はプロゲステロンを分泌して守っているわけです。このプロゲステロンは、子宮を収縮させないだけでなく、その周囲にある腸の運動も鈍くしています。それで生理前は便秘になりやすいのです。

 

一方、生理が始まると、子宮内膜は剥がれ落ちて、経血は体外に排出されます。子宮は収縮することで経血を外に押出し、また新しいベットを作るのです。そのために子宮を収縮させるホルモンとして分泌されるので、プロスタグランジンンです。プロスタグランジンの働きとして、子宮の収縮はもちろんですが、その周囲にある胃や腸も収縮させてしまいます。そうなると、腸は十分に水分などを吸収することができず、下痢になってしまうのです。また、プロスタグランジンは、痛みを付与するホルモンですから、その働きによって下痢するだけでなく、痛みを伴うこともあります。

 

下痢も便秘も、女性にとってはかなり辛い症状です。これらのホルモンの働きを緩やかにすることで、下痢や便秘の症状は少しでも改善できるかもしれません。たとえば、子宮の収縮を妨げる成分には、マグネシウムやビタミンB6などです。これらの成分は海藻類やアーモンド、魚介類などから摂取することができます。また、過度の脂質の摂取はお垢を壊すもとになりますし、いくら体に良いと言ってもバランスの良い食事を摂らないと意味がありません。なかなか生理前の減肥や下痢を治すのは難しいのですが、生活習慣を改善して徐々に健康的な生活をすることで、徐々に体質を改善することは可能です。その点では、日本の昔ながらの和食は非常に優れた栄養バランスを持ちますので、食卓に取りいれていきましょう。野菜中心で肉は控えめ、旬の素材を活かした和食は、体に優しく栄養価も高い食事です。

 

仮に生涯独身だったとしても、女性である以上、女性ならではの健康についての知識は必要ですので生涯未婚だから関係なとか思わずに、勉強してください。といいますか生涯独身が決まったわけではないでしょうからね。

生理前、腰痛になった時どうすればいい?

生理前の腰痛は、骨盤の開きや血流の悪さが原因です。自分は骨盤が開いていないから大丈夫、と思うかもしれませんが、実は生理前になると骨盤を開かせるホルモンが分泌されます。その働きによって骨盤が緩んでしまい、腰に負担がかかって痛みを感じるようになるのです。また、緩んだ骨盤は血行が悪くなりやすいのも特徴です。生理前後に腰痛になるひとの多くは、骨盤内で血行が滞ってしまい、子宮も重たくなっています。この血行を促進し、骨盤がゆがまないようにサポートすることで、痛みはかなり軽減できるはずです。

 

骨盤のゆがみを正すにはいろいろな方法がありますが、確実なのはやはり整骨院で施術してもらうことでしょう。そのために整骨院に行く人も多いですし、わざわざ行くことに抵抗があれば、別の個所の治療で行ったついでに骨盤のゆがみが気になると言ってみるとよいでしょう。整骨院は国家資格を持つ柔道整復師が施術を行いますが、施術方法は整骨院によって違うところも多いので、自分に合った整骨院や信頼できる整骨院を探すことも大切です。また、骨盤は自分でテーピングを巻いたり、体操などによって正しい位置に戻すこともかのうですので、それができるのであれば、自分でおこなっても構いません。

 

血行を促進するためには、温めるのが第一です。シャワーだけでなく、湯船にオフを張ってゆっくりつかったり、洋服に貼るカイロを張るなどして、温かく保つようにしましょう。腰は、血管の集まる場所でもあるので、腰を温めることで全身が温まるように感じるはずです。腰のツボを押しながらマッサージをするなどして、血行を良くするのは気持ちもいいですし、一石二鳥ではないでしょうか。

 

軽い体操なども血行促進には良いので、腰に痛みを感じない範囲で、できるだけ歩くようにするなど、軽い運動をするのもよいでしょう。筋肉がないと、全身を支えられなくて腰を痛めてしまいますが、逆に腰回りに脂肪が付きすぎているのもよくありません。体重が重いとそれだけでかなり腰に負担がかかるので、体重を落とすだけでもかなり腰痛は楽になるはずです。いろいろ試しても痛みが引かなかったり、強くなっていくのであれば、病院で診察を受けたほうがよいかもしれません。何かの病気の可能性もあるので、無理をせずに医師に相談してみてください。医師の処方による薬などで、痛みが楽になり場合もあります。程度によっては低用量ピルや漢方薬なども処方されることがあります。